WordPress・WEB系の開発(プログラム)関係や技術情報ほか、技術情報全般を掲載

WordPress Contact Form 7 利用の際に読み込まれる JS, CSS を読み込まないようにする

Contact Form 7 を有効にすると全てのページでプラグインの動作に必要なJS, CSSが読み込まれてしまいます。 必要な場合もありますが、問い合わせページなど特定のページのみでしか利用しない場合は不要ですので function…

詳細を見る

WordPress CSSやJSに自動付与されるのバージョン情報「?ver=」を消す方法

WordPressではCSSやJSを読み込む際に「?ver=3.3.4」などのバージョン情報が自動的に付与されます。 通常動作させるためには不要なので functions.php に以下を追記して削除します。 //WordPre…

詳細を見る

PHP 関数が定義済みかどうか調べる関数 function_exists

function_exists() 関数では標準の組み込み関数やユーザ定義関数など、 関数名を指定して定義済みかどうか調べることが出来ます。 /** * 定義済みであれば true、未定義であれば false が返されます …

詳細を見る

PHP 自身の接続IP環境のみ表示する方法

環境変数の $_SERVER["REMOTE_ADDR"] でサイトを訪れたユーザのIPアドレスを取得することが出来ます。 これを利用して開発中やちょっとしたバグ修正や表示確認を行う際に特定のIPアドレスから接続された ときにのみ処理す…

詳細を見る

NetBeans で Sassを利用出来るようにする方法

先ほど投稿した「Windows環境にSassとCompassをインストールする(Rubyインストールから)」で Windows環境でSassを利用出来るようになった。 次は普段利用している NetBeansでSassを利用出来るよう…

詳細を見る

Windows環境にSassとCompassをインストールする(Rubyインストールから)

Sassの存在は知っていたがこれまで業務で利用してこなかったが必要に迫られたので Windows環境でRubyのインストールからSass, Compass の利用環境構築を行った。 Rubyが必須になるためざっくりとした流れとしては、 …

詳細を見る

WordPress HEADタグのリモート投稿用タグを非表示にする

標準でHEADタグ内に出力されるリモート投稿用タグを非表示にするには functions.php に下記のように追記します。 //リモート投稿用タグを非表示にする remove_action('wp_head'…

詳細を見る

WordPress HEADタグのショートリンクを非表示にする

標準でHEADタグ内に出力されるショートリンクのメタタグを非表示にするには functions.php に下記のように追記します。 //ショートリンクを非表示にする remove_action('wp_head'…

詳細を見る

WordPress Contact Form 7 で自動挿入される Pタグを削除する

超絶便利なWordPressの問い合わせフォームプラグイン 「Contact Form 7」をそのまま使うと自動整形の機能で 自動挿入されるPタグのせいでレイアウトが崩れる場合がある。 そんなときは wp-config.php に…

詳細を見る

WordPress「$author」変数をauthorテンプレート以外で利用する方法

functions.php 内の独自関数などで authorテンプレート内で取得出来る 「$author」変数を利用したい場合は、global 宣言することで取得可能になります。 function hoge() { gl…

詳細を見る

アーカイブ