WordPress・WEB系の開発(プログラム)関係や技術情報ほか、技術情報全般を掲載

WordPress アイキャッチ画像を有効化する方法

デフォルトテーマを利用していればアイキャッチが投稿画面に表示されていることが当たり前だが 独自テーマを作る場合下記を function.php に記述しないと利用することが出来ない。 /** * WordPressアイキャッ…

詳細を見る

WordPress テーマディレクトリを取得する方法

get_template_directory_uri() で有効化しているテーマのディレクトリを取得することが出来ます。 WordPressの独自テーマを作る際などかなりの確率で使用する関数ですが、よく忘れるのでメモ。 色んなところ…

詳細を見る

PHP,WordPress 指定文字数で表示する(文字列を丸める)mb_strimwidth

一覧ページのタイトルやTwitterのシェア用のテキストなど、レイアウトや何らかの理由で制限をする必要がある場合は、PHPのmb_strimwidth関数が便利です。 $title = "デビラボの記事タイトルが表示され…

詳細を見る

WordPress ユーザIDからログインIDを取得する方法

投稿ページなどユーザのログインIDによって出力内容に変化を つけたい場合などは下記のように投稿者のユーザIDから get_userdata 関数で マッチするユーザ情報を取得してログインIDを取得します。 global $po…

詳細を見る

jQuery DIV要素の表示順序を入れ替える方法

何らかの理由でHTMLソースの書き換えが出来ない場合や サクッとDIV要素の表示順序を入れ替えたい場合は下記ように after を使います。 <script> /* #btnB, #btnA の順番になります *…

詳細を見る

SEO インデックスを回避するメタタグ noindex

ユーザが自由に投稿出来るサイトや自動生成サイトなど 質の低いページが量産されるようなサイトを運営する場合、 Googleのインデックスへ登録するページを適切にしないと スパムサイトと判断されたり質が低いサイトだとされてしまう。 …

詳細を見る

WordPress Contact Form 7 利用の際に読み込まれる JS, CSS を読み込まないようにする

Contact Form 7 を有効にすると全てのページでプラグインの動作に必要なJS, CSSが読み込まれてしまいます。 必要な場合もありますが、問い合わせページなど特定のページのみでしか利用しない場合は不要ですので function…

詳細を見る

WordPress CSSやJSに自動付与されるのバージョン情報「?ver=」を消す方法

WordPressではCSSやJSを読み込む際に「?ver=3.3.4」などのバージョン情報が自動的に付与されます。 通常動作させるためには不要なので functions.php に以下を追記して削除します。 //WordPre…

詳細を見る

PHP 関数が定義済みかどうか調べる関数 function_exists

function_exists() 関数では標準の組み込み関数やユーザ定義関数など、 関数名を指定して定義済みかどうか調べることが出来ます。 /** * 定義済みであれば true、未定義であれば false が返されます …

詳細を見る

PHP 自身の接続IP環境のみ表示する方法

環境変数の $_SERVER["REMOTE_ADDR"] でサイトを訪れたユーザのIPアドレスを取得することが出来ます。 これを利用して開発中やちょっとしたバグ修正や表示確認を行う際に特定のIPアドレスから接続された ときにのみ処理す…

詳細を見る

アーカイブ