WordPress・WEB系の開発(プログラム)関係や技術情報ほか、技術情報全般を掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CakePHP DebugKitをインストールする方法

下記の手順で、CakePHPにDebugKitをインストールします。

■STEP1 – DebugKitの取得:
1. DebugKitは、下記サイトよりダウンロードする
2. DLしたファイルを解凍後、”DebugKit”にリネームする
3. [app/Plugin]ディレクトリに入れる

cakephp/debug_kit ・ GitHub
https://github.com/cakephp/debug_kit
CakePHP  the rapid development php framework  Home cakephp debug_kit ・ GitHub

■STEP2 – 設定ファイル編集:
1. [ app/Config/bootstrap.php ]の72行目に「CakePlugin::load(‘DebugKit’);」を追加する

/**
* Plugins need to be loaded manually, you can either load them one by one or all of them in a single call
* Uncomment one of the lines below, as you need. Make sure you read the documentation on CakePlugin to use more
* advanced ways of loading plugins
*
* CakePlugin::loadAll(); // Loads all plugins at once
* CakePlugin::load('DebugKit'); //Loads a single plugin named DebugKit
*
*/
CakePlugin::load('DebugKit'); //追加

2. [ app/Controller/AppController.php ]の34行目に「public $components = array(‘DebugKit.Toolbar’);」を追加する

/**
* Application Controller
*
* Add your application-wide methods in the class below, your controllers
* will inherit them.
*
* @package app.Controller
* @link http://book.cakephp.org/2.0/en/controllers.html#the-app-controller
*/
class AppController extends Controller {
public $components = array('DebugKit.Toolbar'); //追加
}

■STEP3 – DebugKit動作確認:
STEP2まで終えた後、ブラウザからアクセスすると画面右上にCakePHPおアイコンが表示されクリックするとDebugKitのメニューが表示される。
CakePHP  the rapid development php framework  Home 1
CakePHP  the rapid development php framework  Home 2

※環境情報:
サーバ・・・CORESERVER
CakePHP・・・CakePHP 2.4.6

– – –

【PR】最寄のレーシックを検索!SEOに強いショップナビは掲載料金無
【PR】筑波大学女子バスケ部の試合情報、OB選手情報!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ