WordPress・WEB系の開発(プログラム)関係や技術情報ほか、技術情報全般を掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eZ Publish URLエイリアス設定し分かりやすいページ名を付ける

デフォルトの状態では、ページ名(オブジェクト名)に日本語名を設定すると「node_123」のような「node_xxx」のフォーマットのアドレスになってしまいURLからページの内容を推測することが難しい状態になります。
改善するためには、URLエイリアスを設定する必要があります。

■設定方法:
1.
管理画面からContentクラスカテゴリ内の適用したいクラスの編集画面に移動する。

2.
編集画面上部の「URLエイリアスの名前生成パターン:」に「<url_alias>」と入力する。

3.
「テキスト」のクラス属性を追加する。

4.
名前を「URLエイリアス」、識別子を「url_alias」と入力し、チェックボックスは
「検索対象」のチェックを外し、「翻訳不可」にチェックを入れ、編集画面下部の
「OK」ボタンをクリックする。

5.
1~4までを行った後、対象ページの編集画面へ移り、追加された「URLエイリアス」の
ページに指定したい文字列を入力する。

※例)タイトル:日本語ページ/URLエイリアス:japanesepage などとする。

上記設定後に、ブラウザで確認すると、http://localhost/japanesepage などとすることが出来る。

– – –

◆eZ Publish 情報:
└ バージョン:eZ Publish Community Project 2013.09 (9th “eZ Publish 5 build”)
└ カーネル:レガシーカーネル

– – –

【PR】あなたの街の配送を検索!ショップナビ
【PR】拓殖大学女子バスケ部の注目選手は?試合結果、スケジュール

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ