WordPress・WEB系の開発(プログラム)関係や技術情報ほか、技術情報全般を掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Analytics の [ not provided ]

Googleは検索ユーザのプライバシーを守るため検索キーワードを暗号化しているため、どのようなキーワードで検索されたかを特定することが出来ず[ not provided(不明なキーワード) ]と表示されます。

この対策としてリスティング経由の取得、Googleウェブマスターツールの「クエリデータ」確認、ランディングページから検索クエリを「逆引き」などあるようですがどれもさくっと手軽に出来るわけではないので悩みますね。

【PR】無料掲載募集!ショップナビでオイルマッサージのサロンを検索!
【PR】国士舘大学バスケ部 最新情報!スケジュール、試合結果

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ