WordPress・WEB系の開発(プログラム)関係や技術情報ほか、技術情報全般を掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eZ Publish デバックコード出力 eZLog::write(‘内容’, ‘ファイル名’, ‘パス’)

エクステンション開発など、開発中にデバッグコードを出力する場合は、eZLog::write() を使うと便利。
使用法は、下記例のように内容、ファイル名、パスを指定するのみでOK!

例)eZLog::write(‘debug message’, ‘debug.log’, ‘var/log’);

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ