WordPress・WEB系の開発(プログラム)関係や技術情報ほか、技術情報全般を掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eZ Publish ユーザ情報の取得について

▼カレントユーザID取得
$currentUserID = eZUser::currentUserID();

▼カレントユーザ取得
$currentUser = eZUser::currentUser();

▼ユーザ情報の取得

・ユーザID
$UserID = $currentUser->attribute(‘contentobject_id’);

・メールアドレス取得
$UserEmail = $currentUser->attribute(‘email’);

・ロール取得
$UserRoles = $currentUser->attribute(‘roles’)
– ロールID : $UserRoles[0]->ID
– ロール名 : $UserRoles[0]->Name

▼カレントユーザ取得(ユーザIDが分かる場合)
$currentUser = eZUser::fetch($UserID)
– ログインID : $currentUser->Login
– メールアドレス : $currentUser->Email
– オブジェクトID : $currentUser->ContentObjectID

※詳細はオンラインドキュメントを参照:
eZPublishCommunityProject(LegacyStack)
http://pubsvn.ez.no/doxygen/2013.7/LS/html/
Community Release 2013.7

●eZ Publishのバージョン: Community Project 2013.7

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ