WordPress・WEB系の開発(プログラム)関係や技術情報ほか、技術情報全般を掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eZ Publish INIファイル設定と読み込み方法について

eZ Publish では、各設定をINIファイルで設定しているが
その設定方法、オーバーライド方法、読み込み方について書きます。

▼初期設定
[ ezpublish_legacy/extension/testextension/settings/testextension.ini ]

[TESTExtensionSettings]
TestDebug=enabled

[TESTExtensionSettings]ブロックなど、ブロック名を設けて変数と値を設定する

▼オーバーライド
[ ezpublish_legacy/extension/testextension/settings/testextension.ini.append.php ]

<?php /* #?ini charset="utf-8"?
[TESTExtensionSettings]
DesignDebug=enabled
*/ ?>

オーバーライドしたいブロック名のしたに変数と値を設定する

▼INIファイル読み込み
[ ezpublish_legacy/extension/testextension/modules/modul1/test.php ]

<?php
$testextensionINI = eZINI::instance( 'testextension.ini' );
$testDebug = $testextensionINI->variable('TESTExtensionSettings','TestDebug');
$designDebug = $testextensionINI->variable('TESTExtensionSettings','DesignDebug');

echo 'TestDebug - '.$testDebug;
echo "<br />";

echo 'DesignDebug - '.$designDebug;
echo "<br />";
?>

1.$testextensionINI = eZINI::instance( ‘testextension.ini’ );
必要な設定ファイルを読み込む。

2.$testDebug = $testextensionINI->variable(‘TESTExtensionSettings’,’TestDebug’);
取得したいブロック名と変数名を指定して値を取り出す。

●eZ Publishのバージョン: Community Project 2013.7

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ