WordPress・WEB系の開発(プログラム)関係や技術情報ほか、技術情報全般を掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

rsyncをバックグラウンド且つログアウトしても処理が継続されるよう実行する方法

【1】nohup を頭につけて rsync を実行

# nohup rsync -av --bwlimit=1024 -e ssh /var/www/vhosts/sample.dev/ username@111.111.111.111:/var/www/vhosts/sample.dev/ > nohup.out
nohup: 標準入力を無視し、標準エラー出力を標準出力にリダイレクトします
username@111.111.111.111's password:

【2】Ctrl+z を押してプロセスをサスペンドする。

^Z
[1]+  停止                  nohup rsync -av --bwlimit=1024 -e ssh /var/www/vhosts/sample.dev/ username@111.111.111.111:/var/www/vhosts/sample.dev/ > nohup.out

【3】jobs -l で番号確認 実行中のジョブを確認する

# jobs -l
[1]+ 26213 停止                  nohup rsync -av --bwlimit=1024 -e ssh /var/www/vhosts/sample.dev/ username@111.111.111.111:/var/www/vhosts/sample.dev/ > nohup.out &

【4】サスペンドしたジョブ「1」をバックグラウンドで実行再開

# bg 1
[1]+ nohup rsync -av --bwlimit=1024 -e ssh /var/www/vhosts/sample.dev/ username@111.111.111.111:/var/www/vhosts/sample.dev/ > nohup.out &

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ