WordPress・WEB系の開発(プログラム)関係や技術情報ほか、技術情報全般を掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

watch コマンドでコマンドを定期的に実行する

watch コマンドを使うと監視を行いたいときなど定期的にコマンドを実行することが出来る。
下記の例は、システム稼働時間・平均負荷超調査に使う uptime コマンドを 10秒毎に実行します。

$ watch -n 10 uptime
Every 10.0s: uptime                           Fri Nov 21 13:52:48 2014

 13:52:48 up 8 days, 19:21,  3 users,  load average: 0.04, 0.03, 0.05

※WidnowsのSSHクライアントからサーバへ接続する際に、暫く離席する際などに
上記のようなコマンドを実行してコネクションが切れるのを防ぐのもいいかも?

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ